日本旅行 トップ > 地方創生推進室 > 事例紹介一覧 > 元気城下町・郡山城復元アプリケーション事業業務

[ ここから本文です ]

元気城下町・郡山城復元アプリケーション事業業務

事業実施の背景・課題

  • 元気城下町・郡山城復元アプリケーション事業業務

近年急速に普及しているスマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末に対応するために、観光アプリケーションソフトを活用し、大和郡山市内にある「歴史」・「文化」・「食」などの観光資源の情報を、観光客のニーズに応じてタイムリーに提供するとともに、最新のAR機能やVR機能を用いて城下町や現存しない郡山城天守をCG復元し、それを体感できる環境を整えることによって訪れる観光客の周遊や滞在を促進目的としています。

事業の内容

実施した事業の具体的な内容は以下のようになっています。

●郡山城のCG制作
郡山城復元CGを制作。復元範囲については中堀より内側を3次元モデルのCGにて再現しました。
●郡山城復元CGを活用したVR(Virtual Reality・仮想現実)および天守台からの城下町の光景VR復元
画面タッチなどの操作で360度(上下左右)風景を動かすことができ、現在地を変更させることも出来るため、当時の風景を歩いているような疑似体験ができ、GPS機能を活用して現在地を識別し、現在の風景の中を歩きながら端末の画面上には当時の風景を写しながら歩くことができるようになりました。そして天守台から城下町の光景を復元。スマートフォン等の端末を周辺に向けると城下町のCGを閲覧できるようになりました。
●天守復元CGを表示するAR(Augmented Reality・拡張現実)の提供
スマートフォンのカメラを天守台に向けると、天守台の上に天守のCGが出現するAR機能の備えました。また、端末のGPSやセンサーを活用し、現在地および端末の向き(方向)を識別して、該当する方向に天守のCGを復元しました。
●スタンプラリー機能を搭載したアプリケーション『ココシル』の活用
多岐にわたる観光情報(テキスト・地図・画像・音声・動画)を掲載し、地図機能とナビゲーション機能を連動させ、目的地までの誘導が可能となりました。さらに電子クーポン機能を搭載し、店舗・施設への回遊性を高め、経済的効果に繋げたました。
●その他のココシル機能
よりお楽しみいただけるよう、歴史上の人物等とのフォトフレーム機能を5箇所、金魚の画像入手箇所を10箇所設定しました。また地図切替機能を設定し、古地図を表示。今いる場所の周辺地図を現代と昔とに切替られるようにした。
●アプリケーションソフトの周知
アプリをダウンロードをより多くの人にダウンロードいただくため、アプリのリンクバナーを掲載したPRパンフレットおよび告知ポスターを制作しました。さらにホームページやパンフレットに情報を掲載したPRの実施や、SNSでの情報発信も行いました。

これに加え、「日本旅行おもしろ旅企画ヒラタ屋」とコラボによるプロモーション活動にも重点を置いた企画を提案。
関西が誇るナニワのカリスマ添乗員平田進也と行く「金魚が泳ぐ城下町ウォーキングツアー」を実施し、アプリの使い方はもちろん、大和郡山市をより深く知っていただく内容としました。

※平田進也
奈良県出身の日本旅行社員。ファンクラブ会員数は2万人を超える。テレビ出演、講演、著書など幅広く活躍中。平田氏のツアーは即完売。8割はリピーターである。

事業の成果と今後の展望

歴史ある郡山城。今までの観光情報誌をアプリ化することにより今まで受け継いできた歴史、文化を後世に引き継ぐサポートになりうるものになると考えるまた観光情報のタイムリーな発信も行える。
郡山城を中心とした城下町への観光客の周遊を目指します。また城下町の店舗にもご協力頂き割引や特典クーポンを発行。
地域を巻き込んだ活性化を目指す。

また郡山城復元CGも作成しました。城址公園も整備され地域の方憩いの場としての提供も始まります。市民の方にもアプリを実際に活用頂き城址公園にて復元されたCGをご覧いただき、VR、AR機能を持って街のシンボルをお楽しみいただけるようになりました。

アプリを使い観光客や市民の方への情報発信もありますが市民交流とツールとして幅広い活用展開が想定されます。
城下町を中心とした街のサポートツールの一つとしてアプリを活用を行って頂ければと思います。