日本旅行 トップ > 地方創生推進室 > 事例紹介一覧 > 滋賀県観光まちづくり

[ ここから本文です ]

滋賀県観光まちづくり

事業実施の背景・課題

地域において多様な主体が参加・連携し、観光まちづくり組織等により観光をキーにしたまちづくりを行う仕組みのモデルづくりに取り組み、また、観光まちづくり組織等が行う、マーケティング分析、地域資源の観光資源化に向けた課題分析、解決策の検討について支援を行い、継続的に観光振興をレベルアップし、地域に経済効果がもたらされ、地域が活性化することを目指す事業です。

事業の内容

  • 神のまち多賀 いやし満願めぐり

    神のまち多賀 いやし満願めぐり

  • 神のまち多賀 いやし満願めぐり

    神のまち多賀 いやし満願めぐり

当時業では、滋賀県内の3地域(甲賀市・湖南市・多賀町)にて事業を実施しました。実施に当たり、1.地域の主体者への丁寧なヒアリング、2.地域アドバイザーを中心とした緊密な連携によるフォロー体制、3.成果イメージを明確にした運営を中心に実施しました。具体的には以下内容です。

[1] 現状把握のためマーケティング調査の実施
滋賀県に過去5年間で来訪経験のある750名に、普段のライフスタイル、滋賀県に来訪する動機、滋賀県の魅力等の20の質問表を作成し、アンケートを実施、滋賀県の観光誘客への王道パターンの可能性を探り、成果報告会で発表いたしました。

[2] ワークショップの実施
地域の現状・ゴール、地域資源の棚卸し、着地プログラム化までを検討するワークショップを3地域で各5回実施しました。

[3] 先進地の視察
地域が目指している「観光まちづくり」のテーマに類似する地域への先進地視察については南信州観光公社、海島遊民クラブの意思を実施しました。

[4] ターゲットに見合った成果物制作
各地域の参加者の思いを共有し、それぞれの意見を反映した着地プログラムを作成しました。

[5] 成果報告会
一年間の取組報告、活動から得られた気付きについて説明し他地域へ波及も図りました。

事業の成果と今後の展望

成果報告会においては、ワークショップを実施した3地域とも、このワークショップを機に、今後も継続して活動していきたいとの意見が発表され。地域の観光まちづくりの機運の醸成にも貢献できました。

ご担当者の声

滋賀県観光まちづくり

公益社団法人びわこビジターズビューロー 広報情報部 梅田様
滋賀県では平成30年7月~12月に大型観光キャンペーンを計画しており、県内全市町の観光インフラ整備、底上げが急務となっています。今回は3市町を対象に、観光をキーにしたまちづくりを行う仕組みのモデルづくりに取り組みました。委託業務はいったん年度末をもって終了しましたが、4月以降も今回のワークショップメンバーで自主的に集まり、さらに肉付けしていこう、いいものを作って観光キャンペーンに間に合わせようという機運が高まり、1番の成果は地域内で多様なメンバーが集まり、自主的に、継続的にという仕組みづくりができたことだと思います。そのいいきっかけを作ってくださった日本旅行さんには感謝申し上げます。
引き続き、来年の大型キャンペーンでのご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。