事例-物産・物販 | 日本旅行 地方創生推進室

物産・物販


地域の特産品は地域における直接的な消費拡大に貢献するだけでなく、地域の魅力発信や誘客にも寄与する有効なプロモーションコンテンツです。当社では観光との相乗効果を狙った国内外の様々な見本市への出展等のプロモーション支援や食を含めた特産品の輸出促進支援を行っています。

日本が抱える問題と波及効果

国内の市場が人口減少、高齢化の進行に伴い縮小していく中で、我が国の農林水産業の出口戦略として、今後拡大が見込まれる世界の市場に目を向けていく必要があります。日本の農林水産業者の所得向上を図り、農林水産業及び食品産業が持続的に発展していくためには、農林水産物及び食品の輸出の大幅な拡大を図り、世界の食市場を獲得していくことが不可欠です。輸出の拡大を通じて、生産者の皆さまに利益が還元され、やる気が出ることで、次の担い手が生まれ、ひいては地域の活性化にも繋がります。

日本旅行だからこそ出来ること

・農林水産物及び食品の輸出のみならず、インバウンド、食産業の海外展開等を含め、広く海外需要を獲得していくことで、「地域が稼ぐ」機会を増やしていくことに繋がります。
・地域の食の認知・消費拡大は地域のブランディングに繋がり、インバウンドによる消費は海外での日本産食品の販路拡大に繋がるなど、インバウンド消費と輸出の相乗効果を高める取組の推進が重要です。
・旅行業で培ったグローバルネットワークを最大限活用します。

物産・物販における当社の取組内容

パリにおける地域特産品プロモーション

日本食ブームが高まるフランス・パリで開催される日本の食文化と観光の博覧会やアンテナショップにおいて、地域特産品のプロモーションやマーケティング調査を行っています。合わせて、現地レストランとの商談会等のアレンジも行います。

海外バイヤーを招聘したFAMトリップ

国内需要が年々減少する物産品の海外輸出拡大を図るため、海外からレストランシェフやバイヤーを招き、日本の輸出事業者とのマッチングや産地視察等のアレンジを行います。過去には、日本産米の海外輸出拡大を図るためのFAMトリップを実施しました。

在日外国人向け特産品プロモーション

特産品の海外輸出拡大やインバウンド消費の促進を目指す一歩として、国内在住外国人をターゲットとしたプロモーションを実施しています。在日外国人によるモニター体験やSNS等による情報発信は、海外在住の外国人に伝わり、将来の輸出、インバウンド誘客に繋がります。