事例-MaaS事業 | 日本旅行 地方創生推進室

MaaS


MaaSとは「Mobility as a Service」の略語で、バスや電車、シェアサイクル等の様々な公共交通機関を IT等の活用によりシームレスに結び、人々が効率良く快適に移動できるようにするサービスのことです。 当社では2020年1月に専門部署として「MaaS事業推進本部」を設置。JR西日本の持つ広大な交通ネットワークを活用し、自治体・運輸交通事業者・観光事業者など関係企業とMaaSオペレーティング業務の事業化や、交通問題を解決を目指す実証実験の企画提案と実施を推進しています。

MaaSによる課題解決領域

交通問題の解決

マイカー利用によるCO2排出に派生する環境問題、都心部の慢性的な交通渋滞の軽減や解消

少子高齢化時代の交通手段の提供

安全で便利で廉価な公共交通手段の維持(と発展)、在住人口・就業人口減少時の効率的な公共交通機関の運営

新たな収入源の確保

マイカーからのシフトによる新たな公共交通機関の利用者確保と域外からの観光客等の一時利用者による公共交通機関の利用拡大

MaaSシステムを利用するための3要素

GPS機能、キャッシュレス決済を用いて、人とモビリティの『行動』と『決済』を「リアルタイム」に把握することが重要です。これまでは、交通手段は利用者がそれぞれ個別に手配をする必要がありましたが、MaaSの実現により一括で交通サービスを提供できるようになります。

MaaS事業実現のための総合サポート

MaaSの実証実験を開始させるための事前サポートと運用開始後のオペレーションビジネスモデル構築まで支援・サポートいたします。
<MaaS企画>
地域ごとにMaaSの課題は異なります。日本旅行はコーディネーターとして課題整理から実証実験までを 段階的に整理し、事業実施までご支援いたします。
<MaaS準備>
導き出された各種課題の整理と課題の解決策を導き出し、技術パ―トナーとともにMaaS基盤システム を構築します。
<MaaS実装>
完成したMaaSを日本旅行が運用上のサポートを行います。利用者とサプライヤーが輸送サービスをよ り便利に活用していただくための支援を行います。

観光MaaS素材開発ツアー販売

旅行業のノウハウを活用し、MaaSを旅行者に提供できる観光素材に仕立て上げ、パッケージツアーにMaaSを観光素材として組み込んだ新しいツアーを創造します。
<MaaSへの観光素材提供>
移動は手段であり、目的となる素材を提供することでより利用価値の高いMaaSを実現することにつながります。MaaSに親和性の高い観光素材を開発、システムへの組み込みを行うご支援をさせていただきます。
<MaaS組込みパッケージツアー販売>
遠方からお越しになるお客様向けのパッケージツアーには現地到着後の移動手段が付帯していない場合が多々あります。パッケージツアーにMaaSを組み込むことで移動手段に不自由のない便利な商品の開発を進めています。

MaaS視察ツアーの企画・手配

新たなモビリティサービスであるMaaSは、地域や観光地の移動手段の確保・充実や公共交通機関の維持・活性化を進めるため、全国各地で導入が検討されています。その導入検討にあたって、国内外のMaaS導入先進地域、実証実験実施地域の視察は有効な手段の一つです。視察実施までの視察地域の選定、当該地域の関係者との意見交換マッチング、視察行程の提案、各種旅行手配等について当社にてサポートします。