事例-インバウンド | 日本旅行 地方創生推進室

インバウンド


日本のインバウンド市場においてトレンドである「モノからコト」 、「大都市から地方」への流れを活 かし、外国人旅行者との交流や関係を深耕することで、地域に還元される外貨獲得をもたらし、地域の 人口減少による地域経済縮小からの脱却にも繋がります。 サスティナブルな地域づくりを推進するうえでは、新たな生活様式を考慮した外国人旅行者に対する受 入環境整備や誘客プロモーションは、受入地域において重要な取組です。当社では各種メニューをご用 意し、地域のサポートをワンストップで行っています。

日本が抱える問題

少子高齢化で人口減少が急速に進行している地域では、「観光」を契機とした稼ぐ力の創出、地域活性化の取り組みが重要になっています。地域における急速な人口減少は地域消費の減少に直結しており、その減少を食い止めるためにも、観光誘客による消費拡大は有効な一手であり、なかでも外国人旅行者の誘致による効果は大きいとされています。誘客拡大の実現に向けては地域資源の磨き上げ、国際競争力の高い快適な観光が提供できる環境整備、魅力の発信等が必要です。

令和元年訪日外国人旅行者の動向

東日本大震災後のV字回復、そして順調に成長を遂げ、2019年には訪日外国人旅行者数は3,188万人、その消費額は4.8兆円と過去最高を記録。同年開催の「ラグビーワールドカップ2019日本大会」では、地方部での宿泊増や消費単価の拡大等、地域経済に及ぼす効果を顕著に示しました。しかし2020年に猛威を振る始めた感染症の影響により状況は一変し、今後は感染収束を見極めたうえで、新たな生活様式を踏まえたインバウンド回復策が求められています。

訪日外国人旅行者の地方訪問状況

これまでの状況をみると、国際的な観光需要の高まりや、個人旅行やリピーターが増加傾向により、外国人旅行者の訪問地もゴールデンルート以外の地方部に拡大しています。国際的に知名度の高い観光地以外でも、特色のある地域資源を目当てに訪日外国人が多く訪れる地域も増えてきています。今後も受入環境整備や新たなコンテンツづくりに戦略的に取り組むことが重要です。

当社の取り組み内容

招請事業

地域ニーズに応じた海外メディア(雑誌、新聞、テレビ、ブロガー等)・旅行決定権者(旅行会社、各種誘致担当者)を招聘、ファムトリップを実施します

地域コンテンツ開発

外国人旅行者に向けた体験ツアーの提供に加え、地方自治体向けに外国人プ ロフェッショナル講師による地域資源発掘、ワークショップの実施、地域体験コンテンツの磨き 上げ・販売等を行っております 。

Miyab!

BtoB(企業間電子商取引)システムで、着地型ツアーや交通、食事、体験等の観光商材を世界中の旅行会社やOTA等を通じて外国人旅行者に販売します。システム化により24時間365日の対応が可能になるとともに、地域の受入側における業務の効率化も実現しています。

プロモーション

SNS等のメディアや動画の活用など、外国人スタッフによる「外国人目線」を加え地域の魅力ある情報を海外に発信します。

商品造成

当社国内商品ブランド「赤い風船」にて造成・販売を行なっている商品をベースに、インバウンド誘客のプロとして外国人の趣味・嗜好に精通したスタッフが地域の魅力を盛り込んだ 外国人向け商品パンフレットを制作します 。

受入環境整備

多言語コールセンター、多言語対応、外貨両替機レンタル、免税対応サポート、無料公衆無線LANサービス、観光案内所運営など、訪日外国人がストレスなく快適に旅するためのサービス提供を行っています。