海外からの誘客準備万全な「TOHOKU」へ≪「TOHOKU」の観光復興の​継続的発信による誘客促進事業​≫ | 日本旅行 地方創生推進室

海外からの誘客準備万全な「TOHOKU」へ
≪「TOHOKU」の観光復興の​継続的発信による誘客促進事業​≫

事業実施の背景・目的

東北の観光は東日本大震災により甚大な被害を受け、全国的なインバウンド拡大の流れから大きく後れを取っており、継続的な「TOHOKU」の情報発信が必要となっていました。
こうした中、2019 年、2020 年と国際的なビッグイベントの開催が予定されており、東北地方においても一部競技が開催されることとなっており、幅広い層の人たちに東北の認知度向上や東北の冬のブランド化を促進すること、また東北全体で訪日外国人旅行者、選手、観客を歓迎するムードを作っていくことが必要であり、本事業ではそれらを図ることを目的としました。
加えて、東北の現状について正確な情報発信を行うことにより、依然として残る風評・不安の払拭も図りました。

事業の具体的内容

「TOHOKU」の情報発信として、東アジア、東南アジア、欧米豪より夏から冬にかけて著名なインフルエンサーおよびメディアを招請し、東北の四季や新たな魅力、風評被害払拭につながる情報をSNSや動画投稿サイトを活用して幅広く発信しました。冬の海外からの東北旅行商品を増やすことを目的に旅行会社を招請し、商品造成に繋がる商談会等も実施しました。その他、空港発着の二次交通や、空港で配布されるMAPメディアを通して、「旅ナカ」での東北の魅力を発信するプロモーションも行いました。
また、おもてなしBOOKの作成や、外国人旅行客のおもてなしに精通した講師を招いて「TOHOKU」おもてなしフォーラムの開催を行い、東北ならではのおもてなしを学ぶ機会の提供による受入環境整備も行いました。
教育旅行関係者の招請等においては、台湾・中国からの学校関係者招請と、台湾でのセミナー開催及び学校訪問により、東北への教育旅行誘致にも取り組みました。

事業の成果と今後の展望

東北の認知度向上に向けては、ターゲットやテーマ等を設定したインフルエンサー・メディアによる情報発信が効果的であり、継続的な取組が必要と考えられます。海外旅行会社の招請では、東北の冬の認知度向上に大きく寄与できたため、今後は東北の冬を第3のピークシーズンとしてブランド化されていくことが期待されます。また、教育旅行の継続的誘致を図るためには、相手側への情報発信や情報共有を定期的に実施し、相手のニーズを把握し細やかな対応を行っていくことが必要であるとともに、官民一体となって教育旅行の誘致に取り組んでいかなければなりません。今後は地域一体となって連携しながら、東北全体の継続的な情報発信と、太平洋沿岸地域の復興が進む様子を積極的に発信することで、より一層の誘客拡大へとつなげていきたいと考えております。