地域を巻き込んだ「刃物のまち関市」を世界に発信するプロモーション≪関市インバウンド誘客プロモーション及び受入れ整備等委託≫ | 日本旅行 地方創生推進室

地域を巻き込んだ「刃物のまち関市」を世界に発信するプロモーション
≪関市インバウンド誘客プロモーション及び受入れ整備等委託≫

事業実施の背景・目的

関市では、宿泊施設が乏しいため、宿泊者数をインバウンド事業の成果指標にすることは難しく、世界に誇る地場産業『関の刃物』をキラーコンテンツとしたプロモーションを行うことで、地域ブランドを向上させ、刃物の売上を成果目標とした取り組みが展開できるのではないか、と考えられました。
そこで、関市の観光コンテンツ「刃物」の魅力が最も伝わるターゲット国を決定するとともに、関市における受入体制をソフト・ハードの両面から調査・分析し、課題等を整理した上で、インバウンド事業として取り組んでいくべき3か年の計画【関市インバウンドアクションプラン】が策定され、平成30年度から訪日外国人の誘客促進を図ることを目的として、本事業が実施されました。

事業の具体的内容

3ケ年計画の関市インバウンドアクションプランに基づいた本業務は、関市の宝である「刃物」をキラーコンテンツとし、台湾からのインバウンド客誘致を図る取組を行いました。
具体的には、台湾現地旅行会社への訪問営業や、多くの台湾消費者が訪れる旅行博への出展、PRイベントの企画運営の実施、VISIT JAPAN Travel&MICEマートへの出展、また受け入れ環境整備のため、観光協会・商工会議所・一般市民・観光ガイド等へマナーや簡単な外国語の基本的な表現習得のセミナーを行いました。加えて、IoT等を活用したデータ収集、外国人観光客向けホームページやPR動画の製作プロモーション、着地型体験メニューコンテンツの造成も行い、関市への外国人旅行者誘客促進に資する取組を行いました。

●関市外国人向けPR動画  https://www.youtube.com/watch?v=wB1vwMxaKlw
関市外国人向けホームページ作成

事業の成果と今後の展望

観光地ではない産業都市としての誘客政策をインバウンドに主眼を置き、市内事業者を巻き込んで自走ができる観光政策を目指して3か年計画を立案しました。
ターゲットを台湾と欧米に絞り、まずは受け入れ側の市内事業者の方々との連携促進と外国人向けホームページや外国人目線でのPR動画の製作をすることで基盤固めを行い、PRプロモーションと地域の事業者が連携して「刃物や関市ならではの地元資源の着地型体験メニュー」の造成に取り組みました。
今後はその連携効果と効果的なPRプロモーションを展開しながら、関市ならではのブランディングを行い、地域にお金が持続的に回る仕組みを構築していきたいと考えております。