セントレアへの新規就航便を追い風に!≪アジア大商談会≫ | 日本旅行 地方創生推進室

セントレアへの新規就航便を追い風に!
≪アジア大商談会≫

事業実施の背景・目的

中部国際空港への直行便の就航が期待されるアジア 2か国(マレーシア・インドネシア)に対して、愛知県の知名度向上とより一層の誘客促進を目的として、2か国の旅行会社の訪日旅行担当幹部やメディア関係者を招請し、旅行商品造成や情報発信の働きかけを行いました。

事業の具体的内容

今回の取組において当社は、マレーシア・インドネシアの招請予定の旅行会社・メディアを訪問し、事前調整のためのアポイントや打ち合わせ、移動に関する手配等の一連の手続きを行いました。また、各国の旅行会社及びメディアの皆さまを愛知県に招請し、地元関係者との意見交換会や交流会、そして商談会を開催し、旅行商品造成や情報発信を図るための働きかけを行いました。
さらに招請後は、参加者が旅行商品造成及び効果的な情報発信が行えるような情報提供の支援や、旅行会社に対しては旅行商品パンフレットの作成や新聞等広告掲載への広告支援を行いました。

事業の成果と今後の展望

愛知県では、観光5か年計画の重点政策の一つとしてインバウンド誘客におけるアジアへの戦略を実施しておりました。2016年~2018年の3年間でアジア10か国をターゲットとしており、3年目となる本年はインドネシア&マレーシアでのPR展開を行いました。ムスリム対応を意識した受入れ体制のPRや、愛知県での受け入れ側の課題を抽出することができ、今後の大型国際MICEや国際スポーツイベントなどの受入れのための観光政策と戦略構築に大きく役立った事業となりました。また、県内の観光事業者と関係機関との連携強化にも大きく寄与することができ、インバウンドの受入れ体制とPR促進の基盤を築くことができました。今後の展望として、アジアだけでなく欧米の富裕層などに対しても対応できる受入れ体制を整えていく必要がある、と考えております。